イチリュウ学芸員さん!

日本唯一の生け花専門誌「日本女性新聞」。時々展覧会の記事がドーンと載る。 東京に編集室があるので、地方の展覧会記事は、その土地でご縁のあった人が書く。たまたま回り回って私にもご縁をいただいた。 感謝。よっしゃー、書くでー。 内容は 「チェコ・…

とどんと7箱

美術館勤務の今日の夕方のことである。 館長がそっと外へ出て行った。 気にしていたわけではないが、しばらくしてふと窓の外を見ると、今度は台車をそろそろと引っ張ってまた外へ出てゆく館長の姿が見えた。 忘れたころにまたふと窓の外に目をやると、今度は…

ここは

今年はホタルが多いのかな。 家の周りの田んぼにも、私のうちの玄関先の草の中にもホタルがいて、光っている。2階の窓から夜の中に顔を突き出して、ジーッと外を眺める。「おーい、誰か探しているのかーい?」 そーかもねー。探し人は見つからねども、 田ん…

学芸員とニュースキャスター

私に「学芸員っていいかも」と思わせたご夫婦が、「この人にぜひ会ってみてください」という学芸員さんがおってな。 でもなかなか会えない。 同じ県内なのに、私はこっちの山の端っこの美術館、あの方はきれいに対角線上のあっちの海の端っこの美術館。車で…

ヤキモチ

私には娘が二人いる。 中学3年生(花)と、小学5年生(夢)なのだが、ここ数日、下の子の夢が「料理を覚えたい」+「お小遣いを稼ぎたい」とかで、私と一緒に台所に立って料理をする。 お米とぎ、きゅうりの酢の物、ほうれん草の白和え、里芋の田楽、味噌汁…

心の形

自分の心の声を聞く。という作業はとても大切。 忙しくても、1週間のうちの半日でも、何よりも優先して、時間をとったらいい。 誰にも会わない、電話も出ない、なんの予定も受け付けない、そんな時間。100%、自分だけの時間。時間を確保したら、家事をしな…

学芸員って、いいかも。の瞬間

「学芸員なんてフン」 と思っていた私の心の底には、 「作家なんてフン」 なんて気持ちもあった。 すごいなあ、私。 まあ、そんなのは2年ぐらい前の話やけんどね。 まあ当時は、60過ぎの女の人と一緒に仕事しててな。その人は「書家」という肩書きを持って…